医療現場や医療職で活躍する人々

医療の現場といえば病院ですが、そこで医療に従事している人々はどのような人たちかというと、まずは医者、そして看護師があげられます。
このような医療職の人達の求人、つまり医療求人のサイトや広告を目にする機会も多くなりました。
医療職に就くためには一般的にその職種に応じて資格が必要な場合が殆どですが、知っての通り、医者になるには医師免許が必要です。
医師免許を取得するためにはまず6年制の医学部や医科大学を卒業し、医師国家試験に合格、その後2年間の初期臨床研修を経て晴れて医師と認められることになります。
看護師は看護学校や看護大学などへ進学し、国家試験資格を取得後、国家試験に合格して看護師となることができるのです。
医師や看護師以外では、例えば、薬剤師は薬学部を創業し、国家試験に合格しなければなりません。
保健師、病気やケガの後のリハビリなど身体的な動作の回復をサポートする役割を担う理学療法士、画像診断や放射線治療を行う診療放射線技師なども2年または3年の修業期間など、一定の前提条件の元、国家試験に合格し資格を取得しなければなりません。
医療の現場に携わるには、それまでの工程も大変ですが、現場に入ってからも体力と精神力を必要とする大変な仕事なのです。
そして、医療現場以外でも、彼らは活躍の場があります。
薬剤師は調剤薬局やドラッグストアでも勤務していますし、ドラッグインフォメーション業務と呼ばれる医薬品情報管理業務を行っている人たちもいます。
このDI業務というのは、病院や企業などの医薬品情報室などの薬剤部門で新薬など医薬品に関するさまざまな情報の収集や提供を行い、主に医師、看護師、または同じ薬剤師などに情報提供を行うことで、患者へよりよい薬物療法を行ってもらうとことを目的とした業務になります。
製薬会社などの企業によっては薬に対する相談窓口を担当する業務となっていたりすることもあります。
近年は介護の需要が増えているため、介護職の求人も、よく目にするようになりましたが、医師や看護師もまた、これらの老人福祉施設などに常駐している場合があります。
医療求人は実は病院以外でも様々な活躍の場があるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加